「神秘の嫁(ミステリアスワイフ)さーヤン」おもしろいと思った動画・ムービー情報・バズ情報(BUZZ NEWS)

上京した広瀬すずが遠距離恋愛中の恋人、吉沢亮とのSNSにアップした自撮り動画の再生に悪戦苦闘!?新生活シーズンのテーマソングはサカナクションの書き下ろし楽曲『忘れられないの』ボーカルの山口一郎もテレビCMに登場!新テレビCM 「速度制限マン」篇 2019年3月23日(土)全国放映開始

ソフトバンク株式会社は、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役に展開する「♬SoftBank music project」の第6弾として、イメージキャラクターの広瀬すずさん、吉沢亮さんが出演する新テレビCM「速度制限マン」篇(30秒)の放映を、2019年3月23日(土)に全国で開始します。テーマソングには、サカナクションが「上京」をテーマに書き下ろしたオリジナル楽曲『忘れられないの』を採用し、ボーカルの山口一郎さんもテレビCMに出演します。このオリジナル楽曲『忘れられないの』は、サカナクションの6年ぶりとなるNEW ALBUM「834.194」に収録される予定となっております。

ソフトバンクは、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役とした「♬SoftBank music project」を立ち上げました。2019年元日に発表した、いきものがかりとのコラボレーションを皮切りに、クリープハイプや足立佳奈さん、石川さゆりさん、秦基博さんとのオリジナル楽曲を発表。「音楽とスマホで、僕らはもっと自由になれる。」というメッセージの下、年間を通して季節やテーマに合わせて、さまざまなアーティストとコラボレーションし、オリジナル楽曲を展開する予定です。また、音楽を象徴するロゴとして、ソフトバンクのロゴである2本のラインの下に2つの丸を書き足し、音符のように見立てたロゴマークを採用しています。これからの展開にご期待ください。

「♬SoftBank music project」の第6弾として、春の上京シーズンに放映する新テレビCM『速度制限マン』篇では、人気ロックバンド「サカナクション」とコラボレーションし、新テレビCMのために書き下ろしたオリジナル楽曲『忘れられないの』をテーマソングに採用。今回は楽曲を手掛けたボーカルの山口一郎さんもテレビCMに出演しています。

 新テレビCMには、東京と北海道で遠距離恋愛中のカップル役として、広瀬すずさんと吉沢亮さんが登場します。小樽から上京し引っ越してきたばかりの部屋で、SNSにアップロードした吉沢さんとの自撮り動画を見ようとした広瀬さんが、スマホの画面を必死で隠そうとする謎の速度制限マン(速度制限を擬人化したキャラクター=嶋田久作さん)と遭遇。何とか動画を再生するべく、春の街へ飛び出し、救世主(サカナクション 山口一郎さん)の手助けによって、無事動画が見られるようになるというユニークなストーリーを通じて、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター +(プラス)」の魅力を表現しました。

 サカナクションのオリジナル楽曲『忘れられないの』。作詞を手掛けた山口さんによると、「150パターンもの歌詞を書いた中で、115番目に選ばれた歌詞となっています」とのこと。そんな渾身の思いが詰まった歌詞を、印象的なメロディーラインで歌い上げる『忘れられないの』が、この春に上京して、新生活をスタートする全ての人々を後押しします。

この春、東京に引っ越してきた広瀬すずさん。段ボールが積み重なったままの部屋で、SNSにアップロードした彼氏(吉沢亮さん)と撮った自撮り動画を見ていると、突然スマホの画面が何者かの手で覆われ、読み込み中や処理中に表示される、くるくると回るマークが手の甲に浮き出て動画が見られなくなってしまいます。画面が引くと、いつの間にかスーツを着た謎の男(嶋田久作さん)が横に立っていますが、その姿は広瀬さんには全く見えていない様子。広瀬さんは立ったり、座ったり、スマホの向きを変えたりして、画面を隠そうとする手から何とか逃れようとしますが、一向に動画は再生されません。

 部屋を出て、悲しげな表情で街を歩く広瀬さん。途中で立ち止まって、再びスマホを見ますが、スマホを動かす広瀬さんと、画面を手で隠す男という構図は、部屋の時と一緒です。そこへ通りかかったのは、山口一郎さんと白戸家のお父さん。健気な広瀬さんの姿を見かねた白戸家のお父さんが「助けてやるか?」と言うと、スマホの画面がようやく再生されます。嬉しそうに画面を見つめる広瀬さんの後ろで、懸命に謎の男をブロックしていたのは……!?