【青森屋】滞在中いつでも青森の方言が聞けるサービス「のれそれ方言Navi」開始|期間:2021年4月1日~通年

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2021年4月1日に、滞在中いつでも青森の方言が聞けるサービス「のれそれ(*1)方言Navi」を開始します。これは、青森の方言を楽しみに宿泊する方が、館内の各所に設置されるQRコードを読み取り、方言の動画を視聴できるサービスです。動画では、知るとより滞在を楽しめる青森屋の豆知識をスタッフが紹介します。青森の方言を聞き、青森に旅行に来たことを深く実感できます。
*1 青森の方言でとても、目一杯という意味

青森屋は、「のれそれ青森~ひとものがたり~」のコンセプトのもと、青森の祭り、方言、食などの魅力を伝えることを目指しています。その中でも、特徴ある青森の方言を身近に感じてもらうため、客室やレストランの名称、ポニーの名前などに方言を取り入れています。同時に、青森屋のスタッフは、大切な文化の一つである方言でおもてなしをしたいという想いを強く持っています。また近年、方言での会話を滞在中にもっと聞いてみたいという宿泊者の声が多く寄せられるようになりました。そうした背景から、スタッフが方言で青森屋の豆知識を伝え、宿泊者は滞在中にいつでも方言を聞けるサービスを開始します。

館内の各所に設置されるQRコードを読み取り、その場所の案内を方言で聞くことができます。青森の方言ならではの言い回しやイントネーションを楽しみながら、方言のぬくもりを感じられます。また、動画を視聴して得た青森屋の豆知識で、より一層、滞在が充実します。

青森県出身のスタッフが案内人となり出演します。りんご娘やかっちゃ(*2)、とっちゃ(*3)になりきり、小さいころから使い慣れた方言で視聴者に語りかけます。青森県内でもエリアによって方言が異なるため、スタッフが話す方言の違いにも注目です。
*2 青森の方言でお母さんの意味
*3 青森の方言でお父さんの意味

星野リゾート 青森屋

「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/aomoriya/

バズってる

Posted by さ~ヤン