新ニュースサイト「SAKISIRU」本日ローンチ!初日のコンテンツは、猪瀬直樹さんとの対談連載やホンダのEVシフトの読み解き記事など。 URLは https://sakisiru.jp/ ニュースの舞台裏に迫る記事もラインナップに。プロモーション動画も配信中。

株式会社ソーシャルラボ(東京都港区、代表取締役:新田哲史)は、新しいニュースサイト「SAKISIRU」(サキシル)を4月26日、ローンチいたしました。
創刊に合わせて、SAKISIRU編集長の新田哲史が、注目の論客や各界のキーパーソンとのスペシャル対談企画をスタートします。本日から3日間連載する第1弾のゲストには、猪瀬直樹さん(作家、元東京都知事)をお迎えして、コロナ禍の試練を、個人や社会がどう受け止めて前に進むべきかや、日本の「デジタル敗戦」の構造問題、これからのメディアのあり方を議論いたします。

このあとゲストは、第2弾は山口真由さん(信州大学特任教授)、第3弾は松田公太さん(タリーズコーヒージャパン創業者)をそれぞれお迎えします。「分断」が進み、社会や政治、経済のさまざまな問題がスタックしがちな昨今、それぞれの視点から、難問が解決できない理由や、打開の方向性について語っていただきます。

なお、ゲストの御三方には、先週22日にYouTube等で公開をはじめたSAKISIRUのプロモーション動画にて、期待や激励のお言葉をたまわっております。

広島再選挙での自民敗北変異ウイルスニュース系記事もラインナップ

一方、ニュースサイトとして速報やニュースの背景を深堀りする解説・分析記事も充実化してまいります。

編集部の内製コンテンツでは、きのう投開票を終えたばかりの参議院広島選挙区再選挙の舞台裏と今後の政局を展望する記事を未明に速報しました。また、左右の党派的対立で議論が進まなかった「選択的夫婦別姓」の問題に一石を投じようとする自民党・稲田朋美衆議院議員の真意に迫るインタビューを掲載。打開策を探るSAKISIRUのコンセプトを生かした企画です。

ほかに、外部の専門家やジャーナリストが時事の問題を解説・分析するコーナーも充実。初日は、自動車業界の動向に詳しいジャーナリストの井上久男さんが、今月23日に「2040年までの全新車のEV・FCV化」を発表して話題のホンダの「賭け」を分析。また、コロナ禍で問われる医療リテラシーやエビデンスの問題に詳しい松村むつみさんが変異ウイルスを解説した記事を掲載しております。

SAKISIRUの記事は、創刊キャンペーンとして、当面は、どなたでも無料でお読みいただけます。今夏をめどに、無料でお読みいただける記事とサブスクリプション形式の会員限定記事を両方配信。編集部や寄稿者によるスクープ、専門家による卓越した論考や分析などスペシャルコンテンツはサブスクサービスに編入いたします。