フェリシモ「日本職人プロジェクト」が夏の新作を発表。伝統の播州織で鮮やかで個性的な新しい表現にチャレンジする「POLS」とのコラボアイテム「播州ジャカード織のヘアターバン」が新登場 オリジナリティーあふれるデザインから日本職人プロジェクトメンバーが厳選

フェリシモが展開する「日本職人プロジェクト」は、兵庫県西脇市にあるテキスタイル商社丸萬のブランド「POLS(ポルス)」とのコラボアイテム「播州ジャカード織のヘアターバン」を発表、4月19日よりウェブ予約販売を開始しています。POLSは、オリジナリティーあふれるデザインと、コンピュータジャカードの織組織(おりそしき)のプログラミング技術を得意としハイブランドも認める、世界レベルの技術力を保有しています。生糸を染め、デザインし、プログラミングをして織り上げる……。多くの人の手と想いを織り込みながら、一枚のオリジナルテキスタイルが完成します。2021年夏、「日本職人プロジェクト」がセレクトした素材は、播州ジャカード織りのテキスタイルです。髪がまとまらない、着こなしが地味、そんなときにプラスすると一気に垢抜けた印象になる4種類の「播州ジャカード織のヘアターバン」に仕立てています。主張しすぎず、でもアクセントになり、手抜きをこなれ感に変えてくれるので、ヘアターバン初心者の人にも取り入れやすく、リモートワークのヘアメイクも簡単に個性豊かに、マスク姿の印象もアップしてくれます。

「日本職人プロジェクト」×テキスタイルブランド「POLS」コラボレーション「播州ジャカード織のヘアターバン」をウェブで>> https://feli.jp/s/pr2105103/1/

・デザインは4種類

左上〈グリーン×ブラウン〉 右上〈ピンク×ブラウン〉  左下〈ライトグレー×オレンジ〉 右下〈スカイブルー×イエロー〉左上〈グリーン×ブラウン〉 右上〈ピンク×ブラウン〉  左下〈ライトグレー×オレンジ〉 右下〈スカイブルー×イエロー〉

100年以上テキスタイルに関わってきた技術を活かした美しい糸染めと細やかで複雑な表情を表現するジャカード織りの魅力がヘアターバンの元となるテキスタイルを産み出します。

生糸を染めて生地を織る、「先染め」が播州織の伝統です。これらの糸が、細やかな柄を生み出します。

生糸を染めて生地を織る、「先染め」が播州織の伝統です。これらの糸が、細やかな柄を生み出します。

繊細な柄を織り上げていく機械。美しい柄を織り出す高度なプログラミング技術は、「POLS」ならでは。

繊細な柄を織り上げていく機械。美しい柄を織り出す高度なプログラミング技術は、「POLS」ならでは。

コーディネイトのアクセントに。着けるだけで顔まわりが華やかに、マスク着用やリモート対面時の印象アップにも役立ちます。

【NEW】テキスタイルデザイナーと作った 播州ジャカード織のヘアターバン
1個 ¥4,800(+10% ¥5,280)
商品の詳細とお申し込み
〈グリーン×ブラウン〉>> https://feli.jp/s/pr2105103/2/
〈ピンク×ブラウン〉>> https://feli.jp/s/pr2105103/3/
〈ライトグレー×オレンジ〉>> https://feli.jp/s/pr2105103/4/
〈スカイブルー×イエロー〉>> https://feli.jp/s/pr2105103/5/

テキスタイルデザイナーと作った 播州ジャカード織のヘアターバン
・誕生秘話をブログで>> https://feli.jp/s/pr2105103/6/