『夜が暗いとはかぎらない』(第33回山本周五郎賞候補)『水を縫う』(第42回吉川英治文学新人賞候補)で今、大注目! 寺地はるな最新刊!!  文学界の注目著者が「めんどうな人」の機微を描く!

株式会社 徳間書店(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小宮英行)はこの度、寺地はるなさんの最新刊『雨夜の星たち』を6月10日に発売することをお知らせ致します。徳間書店公式HPでは、試し読みを実施中です。

  • 『雨夜の星たち』試し読みのご案内

できないことは、できません。やりたくないことも、やりません。他人に興味を持たない三葉(みつば)がはじめた「しごと」とは―。下記より、冒頭12ページ分を試し読みいただけます。
https://www.tokuma.jp/files/actibook/582207/HTML5/sd.html#/page/1

  • あらすじ

三葉雨音(みつば・あまね)は他人に感情移入できない26歳。同僚星崎くんの退職を機に仕事を辞め、他人に興味を持たない長所を見込まれた三葉は「お見舞い代行業」にスカウトされ、移動手段のないお年寄りの病院送迎や雑用をする「しごと」をはじめる――。

  • 発刊に寄せて 寺地はるなさん コメント

「雨夜の星」は目に見えません。でもたしかにそこにあります。空気を読むという言葉があります。空気は目に見えません。見えないけれどそこにあるものは、良いものとはかぎりません。その場の空気を読むことばかりに心を砕き、いつのまにか決定的に間違った方向へ進んでいく。そんな危険だって、とうぜんあるのではないでしょうか。空気は読めなくてもいい。あるいは読めても従わないという選択肢だってきっとあると信じて、この物語を書きました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨夜の星たち (文芸書) [ 寺地はるな ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/5/29時点)

楽天で購入

 

 

タイトル:雨夜の星たち
著者:寺地はるな
定価:1,650円(税込)
発売:2021年6月10日
判型:四六判ソフト
ページ数:232ページ
ISBN 978-4-19-865302-6
発行:徳間書店