ファイブグループ、吉祥寺で休止中の子ども食堂を7月4日に再開! 「食」を通じた居場所づくりに邁進 コロナ禍で社会問題化する「孤独・孤立」の解消を目指して

「”楽しい”でつながる世界をつくる」飲食企業である株式会社ファイブグループ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史 以下ファイブグループ)は、「食」を通じて地域の居場所づくりを推進していく一環として2021年7月4日(日)に18年間本社を置く吉祥寺にて『ファイブグループこども食堂』を開催します。

  • 開催の背景

ファイブグループは2021年より、出店地域を中心として「食」を通じて地域の居場所づくりを推進する社会貢献プロジェクトとして「おむすびプロジェクトを開始しました。
プロジェクトを通じて取り組んでいくのは「孤独・孤立」という社会問題です。

この2年の間に新型コロナウイルスの影響により社会や地域における「孤独」が加速しており、日本政府も2021年2月19日内閣府に「孤独・孤立対策担当室」を設置するなど「孤独・孤立」は新たな社会問題として取り上げられつつあります。
貧困対策としてだけではなく、この孤独・孤立問題の中にある「孤食」の解消としても現在大きく見直され、2021年6月18日に発表された菅内閣の骨太の方針でも言及があったのが「子ども食堂」です。

今回はファイブグループが創業より18年間本社を置き、11ブランドを展開する武蔵野市ではコロナの影響により市内の多くの子ども食堂活動が休止状態であることを受け、武蔵野市での実施を決定しました。

  • 実施概要

日時:2021年7月4日(日)11:00-15:00
場所:吉祥寺っ子居酒屋 燻し家もっくん
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目22−1 柏栄第三ビル 1階
主催:株式会社ファイブグループ
参加費:子ども(18歳まで)|無料、大人|300円(税込)
先着100食
持ち帰り、店内飲食共に可能
七夕短冊の作成などお楽しみコンテンツもあり。
※会場の店舗では東京都のガイドラインを遵守した感染拡大防止対策を行っております