松村沙友理、乃木坂46卒業でCanCam「坂道三姉妹」これが見納めラストサマーカット 9月号(7月20日発売)

グループの垣根を越えた“尊い”共演

先日、乃木坂46を卒業したばかりの松村沙友理と同3期生の山下美月、日向坂46の加藤史帆。専属モデル3人によるグループの垣根を越えた共演が毎回好評だったファッション誌『CanCam』の「坂道三姉妹」シリーズも、今回が見納め! 長女“まっちゅん”こと松村沙友理の乃木坂46卒業によって、同誌9月号で三姉妹が最後のファッションページを飾ります。
松村沙友理は2015年に専属モデルに加入。2018年には山下美月が、翌年には加藤史帆が専属モデルに仲間入りし、「坂道」のおしゃれ三姉妹が、かわいさ最強、息ぴったりのファッションページを飾ってきました。シェアハウスで暮らすシチュエーションのファッション企画や、3人の眉が再現できる眉スケーラーの付録企画、2019年10月号では3人で表紙を飾るなど、三姉妹シリーズはファンの間でも“尊い”共演と話題になってきました。

最後の撮影と知らず大号泣

そんなシリーズの最終回は、最後の思い出づくりに海へ小旅行。毎回、仲良くじゃれ合って楽しそうな三姉妹が、海をバックに思い出話もこれからのことも、たくさん語り合いました。松村がそれぞれと対談した“ふたりトーク”では、乃木坂46の先輩として山下をつねに応援してきたエピソードや、松村と加藤の意外な共通点など、最終回で初めて明かされる話も。
さらに撮影ではこんなハプニングも。実は加藤、坂道三姉妹の企画が最終回だったことに気づいておらず、インタビューではこんなことに・・・。「最後なんですか!?」(加藤) 「えっ!もしかして知らなかったの(笑)!?」(松村)「知らなかった・・・最後なんて悲しすぎる・・・(涙目)」(加藤)。
その後、加藤大号泣のためインタビューはしばらく中断・・・。

 

松村、山下、加藤で最後の思い出づくり。仲良すぎてほっぺにキスも!

松村、山下、加藤で最後の思い出づくり。仲良すぎてほっぺにキスも!

「最後は本当の三姉妹みたいだったよね」

撮影するとすぐにくっついちゃう松村と山下、いつもみんなを笑わせてくれる三女・加藤。撮影では仲睦まじくずっと笑顔の3人でしたが、最後はちょっぴりせつなくキュンとするショートトリップになりました。最後に松村からふたりにはこんな言葉が。「ひとつひとつの思い出を重ねて、最後は本当の三姉妹みたいだったよね」。
「坂道三姉妹」最終回は、7月20日発売のCamCam9月号で。CanCam公式YouTubeでは誌面に載らなかったインタビューも公開します。誌面と併せてぜひ、ご覧ください。
www.youtube.com/user/cancam

CanCam9月号通常版表紙

CanCam9月号通常版表紙

CanCam9月号特別版表紙

CanCam9月号特別版表紙