日本初、前人未到の公演回数3,000回突破へ  京都発のノンバーバル舞台『ギア-GEAR-』 でも、たぶんみんな知らない。『ギア』って知ってますか? 日本には『ギア』がある。 日本オリジナルのロングラン作品、史上初の公演回数3,000回突破。

ART COMPLEXグループ(事業内容:劇場の運営、イベントの企画・実施など)が手がける、京都で上演中の舞台公演『ギア-GEAR-』(以下『ギア』)は、来たる2019年10月20日(日)18時公演で、日本演劇史上初の3,000回公演を達成する予定です。

【「3,000回って、どのくらい凄いの?」】
■日本オリジナル作品の公演回数ランキング
1位 3,000回 「ギア」
2位 2,017回 「放浪記」主演:森光子氏
3位 1,700回 「SHOCK」主演:堂本光一氏(KinKi Kids)
(各公演回数 出典元:朝日新聞デジタル 2019.4.14配信記事より)

【「とは言え、世界基準で言えば、大したことないんじゃないの?」】
■演劇の本場・ブロードウェイで現在公演中のミュージカル作品の公演回数ランキング
1位 12,806回 「オペラ座の怪人」
2位 9,131回 「シカゴ」
3位 8,735回 「ライオンキング」
4位 6,270回 「ウィキッド」
5位 3,187回 「ザ・ブック・オブ・モルモン」
6位 3,000回 「ギア」
7位 1,394回 「キンキーブーツ」
(各公演回数 出典元:ブロードウェイミュージカル情報「あっとブロードウェイ」より 2018.11.14配信記事より)

名だたる作品がひしめく中、第6位に食い込む公演回数となっています。
達成までの所要期間も、8年弱(7年と202日)での達成となり、上記ブロードウェイ作品とほぼ同様のペースで公演を実施していることになります。
実は、日本にもそんな作品があったんです。

【『ギア』のココがすごい!~その1】
■インバウンドに欠かせないエンターテイメント「ノンバーバルパフォーマンス」
2020年のオリンピック、2025年の大阪万博と、大きな国際イベントが続くこれからの日本。政府も国策として、インバウンドに力を入れていく動きがあります。
ここ京都でも、土地さえあれば新しいホテルや旅館が建設されています。
しかし!!京都には、神社仏閣以外に、楽しめるコンテンツがない。「それなら、京都に泊まらなくてもいいじゃない?」という問題があると私たちは考えています。
『ギア』は、ノンバーバル(=セリフの無いお芝居)なので、日本語が分からなくても楽しめる。また、18時・19時といった夜の時間帯にも公演があるので、神社仏閣が閉まった後にも、京都で楽しむことができます。
夜に楽しめる場所があるということは、その街での滞在時間が大幅に伸び、飲食や宿泊を中心に利用が増加するため、街全体のインバウンド市場の活性化に繋がります。

【『ギア』のココがすごい!~その2】
■分断の続く世の中に必要な精神「調和」を伝える
『ギア』とは、皆さまもご存知の通り「歯車」という意味。「歯車」と聞くと、皆さまはどんなことを思い浮かべるでしょうか?中には“社会の歯車”といったネガティブなイメージを想起される方も少なくないかも知れません。
私たちの思い描く「歯車」は、違います。
色が違えば大きさも違う、いろいろな個性を持った歯車がうまく絡み合った時に、ひとつの歯車では到底なしえないような、非常に繊細で、より質の高いものができる。繊細で面白いものができる。そんな「歯車」を思い描いています。
自分と形や色が違うからと言って、批判的になってしまうのはクリエイティブではない。お互いの良い部分や悪い部分も認め合い、調和していくことが、これからの世の中には必要なのではないでしょうか。
そんな思いを、作品タイトルにも込めています。

【『ギア』のココがすごい!~その3】
■カスタマーレビューが作品を変える「演出家は、御客様」
『ギア』の演出家は、“オン・キャクヨウ”。これは、“御客様”という漢字を音読みしたもので、架空の人物。特定の演出家は、あえてつけていません。これは、舞台製作の現場においては極めて稀なこと。
毎公演後、御客様に書いていただいたアンケートを集計し、全員で相談をしながら、その声を反映させていく。作品が生まれた当初から、変わらずこの手法で作り上げてきました。
『ギア』は、国籍や人種関係なく子どもから大人までという、非常に幅広い人をターゲットにしています。