スペクティ、AIで浸水被害をリアルタイムに地図に再現 災害時の被害状況を瞬時にシミュレーション技術で迅速な災害対応に貢献へ

防災テックベンチャーの株式会社Spectee(本社:東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下スペクティ)は、河川が氾濫した際にSNSに投稿された画像からAIを活用してリアルタイムに浸水推定図を作成する技術を開発し、7月に発生した複数の浸水被害について、実用検証を行った結果、河川氾濫の発生から数分で浸水被害の範囲をシミュレーションできることが実証されました。

台風や線状降水帯による集中豪雨など、近年多発するする水災害において、災害発生時に被害状況をいち早く把握することは喫緊の課題となっています。スペクティでは、AIを活用したデジタルツイン技術(※)をもとに、河川の氾濫直後にほぼリアルタイムに浸水範囲と浸水深を推定し、2D及び3Dのマップ上に再現する技術の開発を進めています。

本技術では、SNSの画像1枚からでも、降水量と地形データを組み合わせることで、浸水範囲及び周辺地域の浸水深の推定することが可能で、投稿地点から10キロメートル四方の浸水の状況を瞬時にマップ上に再現できます。

また、本技術はSNSの画像のみならず、道路や河川に設置されたカメラ等からの画像・映像の情報からでも利用可能であるため、災害発生時に様々なデバイスやソースから得られる情報をもとに、その周辺地域の被害状況をわかりやすく可視化することや、、被害が進行した場合の予想最大被害範囲など、浸水による被害を多角的に可視化することが可能です。

AIによる自動シミュレーションのイメージ(スペクティ作成)AIによる自動シミュレーションのイメージ(スペクティ作成)

スペクティではこの技術を通じて、自治体や企業での災害対応の迅速化、さらに周辺地域や住民への被害の最小化に役立てていくことを目指しています。

尚、本技術を通じて得られる各地点における詳細な緯度経度情報や浸水深(推定値)などのデータの提供を行っています。学術研究や企業の実証実験等でお使いいただけます。

島根県出雲市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月12日)島根県出雲市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月12日)

鹿児島県薩摩川内市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月10日)鹿児島県薩摩川内市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月10日)

神奈川県平塚市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月3日)神奈川県平塚市周辺のリアルタイム浸水推定図(2021年7月3日)

令和2年7月豪雨時の熊本県球磨川周辺のリアルタイム浸水推定図令和2年7月豪雨時の熊本県球磨川周辺のリアルタイム浸水推定図

スペクティが提供するAI防災・危機管理情報ソリューション『Spectee Pro』では、SNSからの投稿や気象データ、停電や交通状況など100以上のカテゴリーで、災害・緊急情報をリアルタイムに配信しています。こちらは無料トライアルも受け付けています。

AI防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』AI防災・危機管理ソリューション『Spectee Pro』

(※)デジタルツインとは、IoTデバイス等を通じて現実世界で取得できる情報をもとに、仮想空間上にそれを再現することで、ビッグデータ解析による高度なシミュレーション技術及び概念です。