【小麦の奴隷 中野店】7月20日グランドオープン!名物「ザックザクカレーパン」を提供する、ホリエモン発案の話題のエンタメパン屋が東京都中野区にブランド9号店をオープン!東京では清澄白河に次ぐ2店舗目。

株式会社こむぎの(本社:北海道広尾郡大樹町、代表:橋本 玄樹)が展開する新地方活性型ベーカリーブランド「小麦の奴隷」は、サロンコミュニティー HIU(堀江貴文イノベーション大学校)に集まったメンバーの中から堀江氏の声かけによって生まれた「エンタメパン屋」です。1号店はロケットの町として有名になった北海道大樹町、人口5,400人程度の小さな田舎町で誕生しました。開業3ヶ月間で「ザックザクカレーパン」1万食の販売を達成し、カレーパングランプリ2020では金賞を受賞。一躍注目された同ブランドには出店希望が多数寄せられ、全国各地への展開が始まりました。2021年内には新規30店舗の展開を予定しており、今回はブランド9号店として東京都中野区に同店がオープンします。

  • 7月20日(火)AM9:00「小麦の奴隷 中野店」がグランドオープン!メディアやSNSで話題沸騰中のエンタメパン屋が東京都中野区に新登場。オープンイベントとして「中野大好きナカノさん」がやってきます!

北海道の本店、東京のLABOに続き「⼩⻨の奴隷」は今年2月以降「⼤津店」「沖縄北⾕店」「北九州⼩嶺店」「笠間店」「高松店」「名古屋千種店」と続々と全国への出店を続けてきました。また「ガイアの夜明け」「王様のブランチ」「シューイチ」などの⼈気番組をはじめ、各店の地元メディアにも多数取り上げられ、出店地域での注⽬度も⾼く、開業初日にはどこも長い行列ができ連日大盛況となるなど、好調な運営を展開しています。現在、全国各地で約40店舗の出店を準備中、2021年内には新規30店舗の展開を予定しています。⼈気商品「ザックザクカレーパン」が⾝近に、⼿軽に味わえるエリアが急速に広がっています。
7月20日(火)AM9:00東京都中野区にブランド9号店となる「⼩⻨の奴隷 中野店」がオープンします。賑わい溢れる商店街や有名スポットが点在する中野は、新宿や千葉方面に電車1本でアクセスできる利便性の良さから、駅前の再開発を経て新しい街へと生まれ変わっています。オフィスビルや大学のキャンパスも新設され、幅広い世代が集まる街であり、そんな活気溢れる中野にオープンする「小麦の奴隷 中野店」では、オープンイベントとして中野区シティプロモーションキャラクター「中野大好きナカノさん」が登場します。オープンイベント期間中(7月20日~24日)、「中野大好きナカノさん」の衣装を着たスタッフによるお客様のご案内を実施します。また店頭ポスターを掲示するなど、「小麦の奴隷 中野店」のオープンを盛り上げます。

  • ダブル店長で中野店を盛り上げます!「エンタメパンと笑顔をそえて、お客さまに喜ばれるお店にしていきますので、楽しみにしていてください!」

「小麦の奴隷 中野店」の店長を務めるのは磯崎 進也さんと栗田 季代子さん。それぞれ「ビールマン」と「チェブラン」という愛嬌あるニックネームをもっています。店内にはお洒落なウッドデッキの販売スペースがあり、パンを買いに足を運んでくださるお客様に笑顔と美味しい手作りパンを提供します。

■店舗情報
「小麦の奴隷 中野店」
店舗所在地:東京都中野区中野4-6-10-1B
営業時間:9:00~17:00(売切れ次第終了)
店舗電話番号:03-5860-0368
定休日:日・月

※7月20日~22日は
・ザックザクカレーパン4個1000円(税込)セット
・数量限定奴隷福袋1500円(税込)セットのみの販売です。(どちらかのセットのみ購入可。)
※オープンから3日間、毎日先着100名様に「アプリチューモン」のダウンロードの画面提示で
ザックザクカレーパン1個無料配布